基本情報

写真a

權 眞煥

KWON Jinhwan


職名

准教授

研究室住所

京都市伏見区深草藤森町1番地 京都教育大学教育学部 1B-151

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京工業大学  総合理工学研究科

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 京都教育大学 家政科,准教授

  • 京都教育大学 家政科,講師

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 知能情報学

  • ヒューマンインターフェース・インタラクション

  • 認知科学

  • 知覚情報処理

  • 教育工学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • ヒューマンインタフェース

  • 認知科学

  • コミュニケーション工学

  • 人間工学

  • 人間情報学

 

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 高大連携授業「大学教員による、高校生のための専門講座体験」,2019年02月

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Japanese Sound-Symbolic Words for Representing the Hardness of an Object Are Judged Similarly by Japanese and English Speakers,Frontiers in Psychology,13巻 830306号 (頁 1 ~ 14) ,Frontiers,2022年03月,Li Shan Wong, Jinhwan Kwon, Zane Zheng, Suzy J. Styles, Maki Sakamoto, Ryo Kitada

    共著

  • 日本語,ASDのコミュニケーションにおける身体同調特性 ―定形発達者における基礎データ―,第56回研究大会,日本発達障害学会,2021年10月,權 眞煥、森本 雄大、小谷 裕実

    共著

    担当区分:筆頭著者

  • 英語,Computer Vision System for Expressing Texture Using Sound-Symbolic Words,Frontiers in Psychology,12巻 654779号 (頁 1 ~ 11) ,Frontiers,2021年10月,Koichi Yamagata, Jinhwan Kwon, Takuya Kawashima, Wataru Shimoda, Maki Sakamoto

    単著

  • 英語,The Effects of Vibratory Frequency and Temporal Interval on Tactile Apparent Motion,IEEE Transactions on Haptics,14巻 3号 (頁 675 ~ 679) ,Institute of Electrical and Electronics Engineers(IEEE),2021年09月,Jinhwan Kwon, Sangwook Park, Maki Sakamoto, Kazuyuki Mito

    共著

    担当区分:筆頭著者

  • 英語,Brain networks underlying the processing of sound symbolism related to softness perception,Scientific Reports,11(1)巻 7399号 (頁 1 ~ 13) ,Nature,2021年04月,Ryo Kitada, Jinhwan Kwon, Ryuichi Doizaki, Eri Nakagawa, Tsubasa Tanigawa, Hiroyuki Kajimoto, Norihiro Sadato, Maki Sakamoto

    共著

全件表示 >>