基本情報

写真a

神代 健彦

KUMASHIRO Takehiko


職名

准教授

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 一橋大学  社会学研究科

  • 一橋大学  社会学研究科

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(社会学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 京都教育大学 教育学科,准教授

  • 京都教育大学 教育学科,講師

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 教育学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 道徳教育論

  • 教育実践史

  • 教育学史

  • 教育史

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2022年度,学校における道徳教育と道徳科,講義,2022年04月 ~ 継続中

  • 2022年度,kyokyoスタートアップセミナー(教育学専攻),講義,2022年04月 ~ 2022年08月

  • 2020年度,教職実践研究,演習,2020年10月 ~ 2021年02月

  • 2018年度,世界の教育,講義,2018年07月

  • 2015年度,中等道徳教育論,講義,2015年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

作成した教科書・教材・参考書 【 表示 / 非表示

  • 2023年09月

    神代健彦・後藤篤・横井夏子『これからの教育学』有斐閣

  • 2021年03月

    木村元・汐見稔幸編『アクティベート教育学1 教育原理』ミネルヴァ書房(担当:第4章「西洋教育思想の源流」)

  • 2018年03月

    相澤伸幸・神代健彦編著(2018)『道徳教育のキソ・キホン―道徳科の授業をはじめる人へ―』ナカニシヤ出版

  • 2015年03月

    木村元編著『系統看護学講座基礎分野 教育学(第7版)』医学書院(分担執筆:第2部第2章「訓育―他者とのかかわりを導く」)

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 先生を”究める”WEB講義「道徳科のキソ・キホン」,2021年04月 ~ 継続中

  • グローカル教員養成プログラム用ワークシート作成,2017年11月

  • 修士レベル対応学修プログラム動画:「教育史のすゝめ―反省的実践家のために―」,2015年04月 ~ 継続中

 

研究課題 【 表示 / 非表示

  • ポスト・ポストモダンの時代における戦後教育学/実践の再考

  • 道徳教育の理論と実践

  • 昭和戦前期における青年教育の研究

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 教育哲学会,2020年04月 ~ 継続中

  • 日本教育史研究会,2019年09月 ~ 継続中

  • 教育思想史学会,2015年07月 ~ 継続中

  • 日本教育学会,2015年04月 ~ 継続中

  • 教育目標・評価学会,2015年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

学会・委員会等における活動 【 表示 / 非表示

  • 日本教育学会,機関誌編集委員,2024年01月 ~ 2025年12月

  • 日本教育史研究会,世話人,2019年04月 ~ 継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,コモンについて―人間を中心にしすぎない公教育原理の素描―,教育学年報14 公教育を問い直す14号 (頁 309 ~ 326) ,世織書房,2023年08月,神代 健彦

    単著

  • 日本語,高校公民科倫理におけるライティング課題の試み : 京都府立東宇治高校におけるグローバル・スタディーズ共同研究から—,教職キャリア高度化センター教育実践研究紀要5号 (頁 215 ~ 224) ,2023年01月,神代 健彦, 小林 未来

    共著

    担当区分:筆頭著者

  • 日本語,教育史研究のコンピテンシーとコンテンツ,日本の教育史学,65巻 (頁 129 ~ 134) ,教育史学会,2022年09月,神代 健彦

    単著

  • 日本語,psy化する教育の憂鬱―ニコラス・ローズ『魂を統治する』から,心の治療を再考する 臨床心理学 増刊14号増刊14号 (頁 118 ~ 122) ,金剛出版,2022年08月,神代 健彦

    単著

  • 日本語,「われら」とは何か : 勝田守一の人間学、そのアップデート,近代教育フォーラム30号 (頁 56 ~ 62) ,教育思想史学会,2021年09月,神代 健彦

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,これからの教育学,有斐閣,2023年09月,神代 健彦, 後藤 篤, 横井 夏子

    教科書・概説・概論,共著

  • 日本語,教育哲学事典,教育哲学会,2023年07月,神代 健彦

    事典・辞書,分担執筆

  • 日本語,民主主義の育てかた―現代の理論としての戦後教育学―,かもがわ出版,2021年07月,神代健彦, 他

    学術書,編集

  • 日本語,境界線の学校史 ―戦後日本の学校化社会の周縁と周辺,東京大学出版会,2020年12月,木村元,江口怜,濱沖敢太郎,呉永鎬,神代健彦,松田洋介,山田宏

    学術書,共著

  • 日本語,「生存競争」教育への反抗,集英社新書,2020年07月,神代 健彦

    一般書・啓蒙書,単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,同床異夢の大学、その豊かさ ,労働旬報社,教育937号 (頁 5 ~ 12) ,2024年01月,神代 健彦

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア),単著

  • 日本語,現代社会を生き抜く知恵「これからの教育――失業、絶滅、微積分共同体」 ,α-Synodos319号 ,2024年01月,神代 健彦

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア),単著

  • 日本語,<書評> 「あれかこれか」を 超えてゆく知性:上野正道『ジョン・デューイ──民主主義と教育の哲学』,教育科学研究会,教育930号 ,2023年06月,神代 健彦

    書評論文,書評,文献紹介等,単著

  • 日本語,授業づくりに役立つ内容項目×哲学 (第11回) 勤労の義務,そして権利~充実した人生を生きるために~ ,明治図書,道徳教育764号 (頁 80 ~ 81) ,2022年01月,神代 健彦

    記事・総説・解説・論説等(商業誌、新聞、ウェブメディア),単著

  • 日本語,「道徳科の授業」で「思いやりの心」を育てるべきか? 意気込みすぎは危ないかもしれない,講談社,現代ビジネス,2021年10月,神代 健彦

    記事・総説・解説・論説等(その他),単著

全件表示 >>

 

講演等(本学主催事業) 【 表示 / 非表示

  • 令和2年度教員免許状更新講習 ,2020年07月

  • 平成30年度 附属桃山中学校 教育研究発表会,2018年11月

    平成30年度附属桃山中学校教育研究発表会の社会科部会に登壇し、グローバル人材育成カリキュラムの観点からコメントを行った。

  • 平成29年度京都教育大学附属学校部合同研究発表会,2018年03月

    「グローバル・スタディーズの振り返りと来年度に向けて」のセクションで、関連教員とともに発表を行った。

  • 平成29年度教員免許状更新講習(選択必修),2017年12月

  • 平成29年度幼稚園免許特例講座,2017年12月

全件表示 >>

講演等(本学以外の主催事業) 【 表示 / 非表示

  • 道徳教育夏季研修講座<第28回京都市道徳教育研究大会>,2023年08月

    「道徳科の本質に即した学びとはどのようなものか ―心理学と教育学の知見から―」と題して講演を行った。

  • 進路相談会模擬授業(於 京都府立城南菱創高等学校),2023年06月

    「高校生のための教育学入門 ―哲学と歴史を手がかりに―」と題して、高校生に向けて、大学の教育学に関する模擬授業を行った。

  • 指定討論コメント ,2023年02月

    第4分科会「25 年度新入生は何をどう学んで来るのか(来ないのか) ―新指導要領を手がかりに大学基礎教育を考える」のコメント

  • 第31回 近畿作文教育研究大会,2022年06月

    「ちいさな哲学者たちのために ーともに悩み表現しあう道徳科授業づくりー」と題して、現職教員等に対して道徳教育について講演を行った。

  • 立命館中学校・高等学校ミドル・リーダー研修会,2021年07月

    立命館中学校・高等学校より依頼を受け、現代の教育改革の動向と教育実践のあり方について講演を行った。

全件表示 >>

マスメディアへの発信 【 表示 / 非表示

  • 朝日新聞(東京版夕刊、インターネット版)

    新聞・雑誌, 朝日新聞(東京版夕刊、インターネット版), 2022年02月09日

  • 中日新聞

    新聞・雑誌, 中日新聞, 2020年11月29日

  • 東京新聞

    新聞・雑誌, 東京新聞, 2020年11月28日

 

学内委員会・プロジェクト等 【 表示 / 非表示

  • 教育学科主任,2022年04月 ~ 継続中

  • 研究推進室,2022年04月 ~ 継続中

  • 教育資料館運営委員会,2020年04月 ~ 継続中

  • 6年制コース運営委員会,2020年04月 ~ 2022年03月

  • 人権委員会,2020年04月 ~ 2022年03月

全件表示 >>