基本情報

写真a

増田 真結

MASUDA Mayu


研究分野・キーワード

音楽理論 作曲

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都市立芸術大学  音楽研究科

  • 京都市立芸術大学  音楽研究科

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(音楽)

  • 修士(音楽)

  • 学士(音楽)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 京都教育大学 音楽科,講師

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2021年度,作曲Ⅳ,演習,2020年10月 ~ 継続中

  • 2021年度,作曲特論Ⅱ,講義,2019年04月 ~ 継続中

  • 2021年度,作曲Ⅱ,演習,2018年09月 ~ 継続中

  • 2021年度,作曲・編曲法基礎演習,演習,2018年09月 ~ 継続中

  • 2018年度,作曲特論Ⅰ,講義,2018年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 附属特別支援学校出張授業,2019年12月

 

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 『梁塵秘抄口伝集』等に基づく和琴の推定創作と『催馬楽略譜』〈伊勢海〉試演(音源制作)

  • 『琴歌譜』の解読(音源制作)

  • フルート、クラリネット、ピアノのための《Theme for panna cotta》

  • 演劇を巡るフィールドワーク「公開「演劇」再現実験 「古事記 黄泉比良坂」」 公演および映像への楽曲提供

  • サファリ・P第6回公演「怪人二十面相」音楽制作

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本音楽教育学会

論文 【 表示 / 非表示

  • 「教科専門と教科教育を融合した音楽領域専攻のカリキュラム開発ー初年次教育に焦点をあててー」,「研究報告書教科専門と教科教育を融合した音楽領域専攻のカリキュラム開発−初年次教育に焦点をあてて−」,京都教育大学音楽科,2021年03月,増田真結 樫下達也

    共著

  • 「水が『楽器』になるとき−タン・ドゥン《Water Concerto》における水音についての考察」,京都教育大学附属桃山小学校、桃山中学校、附属高等学校『生活や社会との関わりを意識した幼少中の音楽科プログラムの開発活動報告書』,2021年03月,増田真結

    単著

  • 「箏を活用した音楽の授業」,京都教育大学附属桃山小学校、桃山中学校、附属高等学校『生活や社会との関わりを意識した幼少中の音楽科プログラムの開発活動報告書』,京都教育大学附属桃山小学校,2020年03月,増田真結

    単著

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本伝統音楽研究センター研究報告13「雅楽のイロイロを科学する本」,京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター,2021年03月,田鍬智志, 上野正章, アンドレア・ジョライ 他

    単行本(学術書),共著

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 「教科専門と教科教育を融合した音楽領域専攻のカリキュラム開発ー初年次教育に焦点をあててー」,京都教育大学音楽科,「研究報告書教科専門と教科教育を融合した音楽領域専攻のカリキュラム開発−初年次教育に焦点をあてて−」,2021年03月,樫下達也ほか

    その他記事,共著

  • 「水が『楽器』になるとき−タン・ドゥン《Water Concerto》における水音についての考察」,京都教育大学附属桃山小学校,京都教育大学附属桃山小学校、桃山中学校、附属高等学校『生活や社会との関わりを意識した幼少中の音楽科プログラムの開発活動報告書』,2021年03月,髙橋詩穂, 田中多佳子, 平井恭子, 清村百合子

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 「箏を活用した音楽の授業」,『京都府市における伝統音楽教育の授業実践の充実を目指して プロジェクト報告書』,2020年03月,増田 真結

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要),単著

作品 【 表示 / 非表示

  • 演劇を巡るフィールドワーク「公開「演劇」再現実験 「古事記 黄泉比良坂」」,2021年03月

    芸術活動

  • 《Theme for panna cotta》フルート、クラリネット、ピアノのための,2020年11月

    芸術活動

  • 《Wake Me Up When September Ends》ピアノのための,2020年03月

    芸術活動

  • サファリ・P第6回公演「怪人二十面相」音楽制作,2019年08月

    芸術活動

  • 新音頭《告白》,2019年03月

    芸術活動

全件表示 >>

芸術・体育系業績 【 表示 / 非表示

  • 国際現代音楽祭 アジアの管絃の現在2019-20,2019年12月,京都市立芸術大学講堂,《時花 / 榊》ピアノ独奏のための

  • KAC Performing Arts Program 2018 / Music #2 新音頭『告白』,2019年03月,京都芸術センター,小説の持つ独特のリズムに注目し、言葉そのものを音楽へと変換することを企図し、初演を行った。

  • 国際現代音楽祭 アジアの音舞・管絃の現在2018-19,2019年01月,京都市立芸術大学大学会館ホール,《物語る機能Ⅳー雨 雨》和琴弾き歌いのための

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 雅楽および関連芸能の歴史的音楽動作様式をさぐる ~多様な解釈の可能性~

 

講演等(本学主催事業) 【 表示 / 非表示

  • 京都府教育職員免許法認定講習会講師,2019年08月

    ワークショップで学ぶ「音楽づくり(創作)」と題し、音楽を専門としていなくても実施可能な音楽づくりについて概説し、実演とともに創作の要点を体感する講座を実施した。

講演等(本学以外の主催事業) 【 表示 / 非表示

  • Music From Japan 2018,2018年02月

    日本最古の琴である和琴と自作品の制作について講演を行なった(ニューヨーク市)。

 

学内委員会・プロジェクト等 【 表示 / 非表示

  • 地域連携・広報委員会委員,2021年04月 ~ 継続中

  • 公立学校等訪問研究専門委員会委員,2020年10月 ~ 2021年03月

  • 実地教育運営委員会,2019年04月 ~ 2021年03月