基本情報

写真a

荻野 雄

OGINO Takeshi


職名

教授

研究室住所

〒612-8522 京都府京都市伏見区深草藤森町1

研究分野・キーワード

政治思想史

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 法学修士

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 京都教育大学 社会科学科,教授

  • 京都教育大学 社会科学科,准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 思想史

  • 政治学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2020年度,社会科教育教科内容論Ⅳ,講義,2017年10月 ~ 継続中

  • 2020年度,政治学特論,講義,2017年04月 ~ 継続中

  • 2020年度,政治と社会,講義,2010年04月 ~ 継続中

  • 2020年度,社会科教育演習B,講義,2009年10月 ~ 継続中

  • 2020年度,政治学研究,講義,2009年10月 ~ 継続中

全件表示 >>

 

研究課題 【 表示 / 非表示

  • ジークフリート・クラカウアー

  • 日本社会科学史

  • ゲオルク・ジンメル

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 社会芸術学会

  • 日本政治思想学会

  • 日本政治学会

論文 【 表示 / 非表示

  • ドゥルーズの『シネマ』をクラカウアーの映画理論を通して読む(1)―映画の経験の映画理論ー,京都教育大学紀要133号 (頁 67 ~ 84) ,京都教育大学,2018年09月,荻野 雄

    単著

  • ドゥルーズの『シネマ』をクラカウアーの映画理論を通して読む(2)ー「ただ見ること」の政治学ー,京都教育大学紀要133号 (頁 85 ~ 99) ,京都教育大学,2018年09月,荻野 雄

    単著

  • クラカウアーとヴァールブルク学派(1) ―クラカウアーとアビ・ヴァールブルク―,京都教育大学紀要130号 (頁 1 ~ 16) ,京都教育大学,2017年03月,荻野 雄

    単著

  • クラカウアーとヴァールブルク学派(2) ―クラカウアーとエルヴィン・パノフスキー―,京都教育大学紀要130号 (頁 17 ~ 34) ,京都教育大学,2017年03月,荻野 雄

    単著

  • 喜劇としての独裁 ―クラカウアーの『ジャック・オッフェンバックと彼の時代のパリ』―,京都教育大学紀要128号 (頁 1 ~ 19) ,京都教育大学,2016年03月,荻野 雄

    単著,思想史,政治学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • WORT-BILD-ASSIMILATIONEN: Japan und die Moderne, Japan and Modernity,Gebr.Mann Verlag,2016年02月,Ito Toru, Simone Mueller, Robin Rehm, Ogino Takeshi et al.

    単行本(学術書),単著,思想史,哲学・倫理学

  • 作ることの日本近代 一九一〇―四〇年代の精神史,世界思想社,2010年10月,荻野 雄

    その他,その他

  • 都市の風土学,ミネルヴァ書房,2009年02月,荻野 雄

    その他,その他

  • 技術と身体 -日本「近代化」の思想-,ミネルヴァ書房,2006年04月,荻野 雄

    その他,その他

  • 『二十世紀の政治思想家たち』,ミネルヴァ書房,2002年,荻野雄

    その他,その他

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 都市の近代性に見られる歴史のもつれ合い エヴェリン・シュルツ 翻訳,社会芸術学会,社藝堂,6巻 (頁 3 ~ 20) ,2019年06月,荻野 雄(翻訳)

    その他記事,単著

  • アルノ・バルッツィ『法哲学の根本問題 自由・法・公共の福祉』 共訳,以文社,,1998年05月,荻野 雄

    未設定,単著

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 1890‐1950年代日本における《語り》についての学際的研究

 

講演等(本学主催事業) 【 表示 / 非表示

  • 大学教員による、高校生のための専門講座体験 日本政治理解への第一歩,2013年02月

    【開催地】京都教育大学【対象】児童

講演等(本学以外の主催事業) 【 表示 / 非表示

  • 《主体性》概念を基軸とした日本近代化過程における自己造形,2015年03月

    【演題】六〇年安保と戦後の日本【主催者】黄 蘭翔【開催地】国立台湾大学【対象】学生

  • Vortragveranstaltung im Asien-Orient-Institut,2013年10月

    【演題】Die Logik des politischen Engagements bei Shimizu Ikutarō【主催者】Simone Mueller【開催地】チューリヒ大学【対象】学生

  • 近代日本と柳宗悦,2009年03月

    【演題】近代日本の文化とナショナリズム――柳宗悦と沖縄・台湾【主催者】台湾師範大学美術学系【開催地】台湾師範大学【対象】学生

 

学内委員会・プロジェクト等 【 表示 / 非表示

  • 附属図書館委員会,2020年04月 ~ 継続中

  • 大学院教育学研究科運営委員会,2020年04月 ~ 継続中

  • 公立学校等訪問演習専門委員会委員,2019年04月 ~ 継続中

  • 人事委員会,2018年04月 ~ 2020年03月

  • 就職対策連絡会議委員,2005年11月 ~ 2007年10月