基本情報

写真a

深尾 武史

FUKAO Takeshi


職名

教授

研究室住所

〒612-8522 京都府京都市伏見区深草藤森町1

研究分野・キーワード

数学、非線形解析学、数学教育

ホームページ

http://math.kyokyo-u.ac.jp/~fukao/index.html

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 岐阜大学  教育学研究科

  • 千葉大学  自然科学研究科

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

  • 修士(教育学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 京都教育大学 数学科,教授

  • 京都教育大学 数学科,准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 非線形解析学

  • モデル化学習

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2022年度,公立学校等訪問演習,演習,2022年10月 ~ 2023年02月

  • 2022年度,数学科教育講究II,講義,2022年10月 ~ 2023年02月

  • 2022年度,解析学講究II,講義,2022年10月 ~ 2023年02月

  • 2022年度,解析学序論I,講義,2022年04月 ~ 2022年08月

  • 2022年度,数学科教育講究I,講義,2022年04月 ~ 2022年08月

全件表示 >>

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 【学部生教育】第28回非線形発展方程式セミナー@KUE,2022年05月

  • 【学部生教育】第27回非線形発展方程式セミナー@KUE,2022年04月

  • 【大学院生教育】第26回非線形発展方程式セミナー@KUE,2022年02月

  • 【大学院生教育】第25回非線形発展方程式セミナー@KUE,2022年01月

  • VR(Virtual Reality)ポスターセッション,2021年12月

全件表示 >>

 

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 境界拡散項を含む動的境界条件と粘性消滅法による漸近解析

  • 相分離現象を記述する偏微分方程式の動的境界条件下での可解性と境界拡散項の消滅について

  • 総体積保存則に拘束される偏微分方程式と発展方程式による抽象論的接近

  • 制約条件付き流体方程式と一般化された放物型変分不等式に対する相補性条件の応用

  • 熱水力学に現れる自由境界問題に対する解の制約条件を含む非線形発展方程式の可解性

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • The International Society for the Interaction of Mechanics and Mathematics

  • 日本数学会

  • 数学教育学会

学会・委員会等における活動 【 表示 / 非表示

  • 数学教育研究会2021,大会・集会等主催,2021年03月

  • Mathematics,Topic Editor,2021年01月 ~ 継続中

  • 数学教育学会,学会誌 編集委員会委員,2019年04月 ~ 継続中

  • 数学教育研究会2017,大会・集会等主催,2017年03月

  • 第2回数理科学夏季研究会,大会・集会等主催,2016年09月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • The Cahn–Hilliard equation with forward-backward dynamic boundary condition via vanishing viscosity,SIAM Journal on Mathematical Analysis,Society for Industrial and Applied Mathematics,2022年,Pierluigi Colli, Takeshi Fukao, and Luca Scarpa

    共著,数学解析

  • 高等学校の探究学習科目「理数探究基礎」で扱うための斜方投射を題材とした課題解決型授業の実践,京都教育大学附属高等学校研究紀要,95巻 ,京都教育大学,2022年03月,葛城元, 粥川絢子, 野原大輝, 深尾武史, 谷口和成

    共著,教科教育学

  • A second-order accurate structure-preserving scheme for the Cahn–Hilliard equation with a dynamic boundary condition,Communications on Pure & Applied Analysis ,21巻 (頁 355 ~ 392) ,American Institute of Mathematical Sciences,2022年02月,Makoto Okumura, Takeshi Fukao, Daisuke Furihata, and Shuji Yoshikawa

    共著,数学解析

  • Separation property and convergence to equilibrium for the equation and dynamic boundary condition of Cahn–Hilliard type with singular potential,Asymptotic Analysis,124巻 (頁 303 ~ 341) ,IOS Press,2021年08月,Takeshi Fukao, Hao Wu

    共著,数学解析

  • A new structure-preserving scheme with the staggered space mesh for the Cahn–Hilliard equation under a dynamic boundary condition,Advances in Mathematical Sciences and Applications,30巻 (頁 347 ~ 376) ,Gakkotosho,2021年08月,Makoto Okumura and Takeshi Fukao

    共著,数学解析

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Solvability, Regularity, and Optimal Control of Boundary Value Problems for PDEs, Chapter 10, A Boundary Control Problem for the Equation and Dynamic Boundary Condition of Cahn–Hilliard Type,Springer, Cham,2017年11月,Takesi Fukao and Noriaki Yamazaki

    単行本(学術書),分担執筆,数学解析

  • The proceedings of Fifth Polish-Japanese Days on Nonlinear Analysis in Interdisciplinary Sciences -Modellings, Theory and Simulations-,Gakkotosho,2013年11月,Toyohiko Aiki, Takeshi Fukao, Nobuyuki Kenmochi, Marek Niezgodka, Mitsuharu Otani

    単行本(学術書),共編著,数学解析

  • Dissipative phase transitions, Series on Advances in Mathematics for Applied Sciences, Chapter 5, Weak solutions for Stefan problems with convections,World Scientific Publishing,2006年06月,Takesi Fukao

    単行本(学術書),分担執筆,数学解析

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 境界上での擬不良設定問題について,日本数学会,日本数学会 2022 年度年会 実関数論分科会 アブストラクト (頁 45 ~ 46) ,2022年03月,深尾 武史

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議),共著,数学解析

  • 不良設定にみえる境界上の偏微分方程式について,発展方程式研究会,第47回発展方程式研究会 予稿集 (頁 3 ~ 6) ,2021年12月,深尾 武史

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議),共著,数学解析

  • 高等学校新設教科「理数科」を充実させるための生徒の数学的試行錯誤と成果発信を実現する教育内容の開発,日本教育工学協会,第47回全日本教育工学研究協議会 全国大会 大阪大会 論文集 (頁 139 ~ 142) ,2021年11月,葛城 元, 深尾 武史, 黒田 恭史

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議),共著

  • 片側障害物問題の長時間挙動について,日本数学会,日本数学会 2021 年度秋季総合分科会 実関数論分科会 アブストラクト (頁 29 ~ 30) ,2021年09月,内藤 大暉, 深尾 武史

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議),共著,数学解析

  • 動的境界条件下でのCahn-Hilliard方程式系に対する粘性消滅法と境界方程式の意味づけについて,日本数学会,日本数学会 2020 年度年会 実関数論分科会 アブストラクト (頁 35 ~ 36) ,2021年03月,深尾 武史, Pierluigi Colli

    研究発表要旨(全国大会,その他学術会議),共著,数学解析

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本数学会 2022 年度年会 実函数論分科会,国内会議,2022年03月,埼玉大学,境界上での擬不良設定問題について,口頭(一般),数学解析

  • Workshop on Analysis in Kagurazaka 2022,国内会議,2022年01月,東京理科大学(オンラインミーティング),Cahn-Hilliard方程式における粘性消滅法とその周辺,口頭(一般),数学解析

  • 第47回発展方程式研究会,国内会議,2021年12月,日本女子大学(オンラインミーティング),不良設定にみえる境界上の偏微分方程式について,口頭(一般),数学解析

  • 第47回全日本教育工学研究協議会全国大会 大阪大会,国内会議,2021年11月,オンライン,高等学校新設教科「理数科」を充実させるための生徒の数学的試行錯誤と成果発信を実現する教育内容の開発,口頭(一般)

  • 第6回非線形数理科学,国内会議,2021年05月,オンラインミーティング(zoom),障害物問題に対する長時間挙動とその周辺,口頭(一般),数学解析

全件表示 >>

 

講演等(本学主催事業) 【 表示 / 非表示

  • 10年期研修 中学校・高等学校教科教育講座数学科Ⅰ90分×3,2009年08月

    【開催地】京都教育大学【対象】教員

講演等(本学以外の主催事業) 【 表示 / 非表示

  • 京都府立南陽高等学校サイエンスプログラム 2時間×3,2021年09月

    【主催者】京都府立南陽高等学校【開催地】京都府立南陽高等学校【対象】生徒

  • 京都府立洛西高等学校洛西サイエンスチャレンジ講座 2時間,2021年03月

    【主催者】京都府立洛西高等学校【開催地】京都府立洛西高等学校【対象】生徒

  • 京都府立南陽高等学校サイエンスプログラム 2時間×2,2020年09月

    【主催者】京都府立南陽高等学校【開催地】京都府立南陽高等学校【対象】生徒

  • 京都府立洛西高等学校洛西サイエンスチャレンジ講座 2時間×2,2019年12月

    【主催者】京都府立洛西高等学校【開催地】京都府立洛西高等学校【対象】生徒

  • 京都府立南陽高等学校サイエンスプログラム 2時間×2,2019年09月

    【主催者】京都府立南陽高等学校【開催地】京都府立南陽高等学校【対象】生徒

全件表示 >>

公的団体委員 【 表示 / 非表示

  • 京都ミニバスケットボール連盟 / 理事,理事,2018年04月 ~ 2020年03月

  • 京都ミニバスケットボール少年団連盟 / 役員,理事,2016年04月 ~ 継続中

  • 京都学生バスケットボール連盟 / 理事,理事,2014年04月 ~ 2018年03月

  • 京都教育大学附属高等学校 / SSH運営指導委員,SSH,2010年04月 ~ 2013年03月

マスメディアへの発信 【 表示 / 非表示

  • 新聞・雑誌, 国大協広報誌(一般社団法人国立大学協会), 2016年09月

  • 新聞・雑誌, 京都新聞(地方版 山城地域), 2014年07月16日

  • 新聞・雑誌, 京都新聞(地方版 山城地域), 2013年07月18日

  • テレビ・ラジオ, KBS京都, 2018年06月05日

    京都府立南陽高等学校サイエンスリサーチ科「数学教育ゼミ」の特集

 

学内委員会・プロジェクト等 【 表示 / 非表示

  • 京都教育大学 教育研究評議会評議員(教授会選出委員),2022年04月 ~ 継続中

  • 企画調整室委員 (法人委員会委員),2017年04月 ~ 継続中

  • 専修主任,2016年04月 ~ 継続中

  • 教育創生推進専門委員会,2020年04月 ~ 継続中

  • スポーツ指導者養成事業運営委員会委員 (委員),2019年04月 ~ 継続中

全件表示 >>