基本情報

写真a

延原 理恵

NOBUHARA Rie


職名

教授

研究室住所

〒612-8522 京都府京都市伏見区深草藤森町1

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪市立大学  生活科学研究科

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 京都教育大学 家政科,教授

  • 京都教育大学 家政科,准教授

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 住居学

研究キーワード 【 表示 / 非表示

  • 安全

  • 住環境

 

作成した教科書・教材・参考書 【 表示 / 非表示

  • 2019年03月

    私たちの住居学(第2版)-サスティナブル社会の住まいと暮らし- オーム社
     共著:担当「高齢者と住まい、エクステリアデザイン」
    「高齢者と住まい」は大幅改訂をしました。

  • 2006年10月

    私たちの住居学-サスティナブル社会の住まいと暮らし- 理工学社
     共著:担当「高齢者と住まい、エクステリアデザイン」

  • 2003年04月

    私たちの生活科学(第2版) 理工学社
     共著:担当「高齢社会の住まい」

  • 2002年09月

    人と環境(ライブラリー生活の科学②) コロナ社
     共著:担当「4.1自然環境と生活、4.2都市環境と生活」

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 先生を"究める"Web講義「琴引浜から海洋ごみ問題を考える」,2020年04月 ~ 継続中

  • 京都府立宮津高等学校 探究活動(課題研究)中間報告会 指導助言,2019年10月

  • 京都教育大学附属高等学校 教育実践研究集会 教科研究集会(家庭) 助言者,2019年02月

  • 京都府立宮津高等学校 探究活動(課題研究)最終報告会 指導助言,2019年01月

  • 先生を"究める"Web講義「自然と対話する住まい方-季節を楽しむー」,2018年12月 ~ 継続中

全件表示 >>

 

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 住まい・まちづくり学習

  • 環境設計におけるバリアフリー・ユニバーサルデザイン教育に関する研究

  • 居住環境における「ヒト」「モノ」「コト」の関係性と働き

  • 日常生活事故の環境要因分析

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会,1991年04月 ~ 継続中

  • 日本家政学会,2007年04月 ~ 継続中

  • 地域安全学会,2004年04月 ~ 継続中

  • こども環境学会,2015年04月 ~ 継続中

  • 日本福祉のまちづくり学会,2012年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

学会・委員会等における活動 【 表示 / 非表示

  • 日本建築学会,住宅の地方性小委員会委員,2020年04月 ~ 2023年03月

  • 日本建築学会,住まい・まちづくり学習WG主査,2019年04月 ~ 継続中

  • 日本家政学会関西支部,役員,2018年04月 ~ 2022年03月

  • 日本建築学会,環境バリアフリー小委員会幹事,2013年04月 ~ 2019年03月

  • 日本建築学会,住まい・まちづくり学習WG委員,2009年05月 ~ 2019年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,高等学校家庭科における住まいと賃貸借契約を題材とした消費者教育の教材開発,教職キャリア高度化センター教育実践研究紀要3号 (頁 191 ~ 197) ,京都教育大学教育創生リージョナルセンター機構教職キャリア高度化センター,2021年01月,延原 理恵,冨田 滋子,東野 美稚子,趙 賢株

    共著,人文・社会 / 家政学、生活科学

    担当区分:筆頭著者

  • 日本語,琴引浜の海洋ごみ問題から考える 持続可能な地域社会のための体験的学習,京都教育大学環境教育研究年報29号 (頁 51 ~ 61) ,京都教育大学環境教育実践センター,2021年01月,延原 理恵,田中 里志,安松 貞夫

    共著,人文・社会 / 家政学、生活科学,人文・社会 / 科学教育

    担当区分:筆頭著者

  • 日本語,「災害文化」を育む住教育 ,住宅会議109号 (頁 24 ~ 27) ,日本住宅会議,2020年06月,延原 理恵

    単著,人文・社会 / 家政学、生活科学,社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画,社会基盤(土木・建築・防災) / 防災工学

    担当区分:筆頭著者

  • 日本語,まちづくり物語のテキスト分析を通した地域社会のつながり形成に関する研究-村上市の町おこしの物語における地域資源の働きを可視化して-,住宅系研究報告会論文集,11巻 (頁 75 ~ 82) ,日本建築学会,2016年12月,延原理恵、碓田智子、田中勝、佐藤慎也

    共著,人文・社会 / 家政学、生活科学,社会基盤(土木・建築・防災) / 建築史、意匠,社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画

    担当区分:筆頭著者

  • 日本語,持続可能な地域社会のための住まい・まちづくり学習-生活を創る木とその循環に着目して-,京都教育大学教育実践研究紀要15号 (頁 145 ~ 152) ,京都教育大学附属教育実践センター機構教育支援センター,2015年03月,延原 理恵; 的崎 あかり; 寺本 愛

    共著,その他 / その他

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,住まいの百科事典,丸善出版,2021年04月,日本家政学会

    事典・辞書,編集,人文・社会 / 家政学、生活科学

  • 日本語,私たちの住居学(第2版)-サスティナブル社会の住まいと暮らし-,オーム社,2019年03月,中根芳一編著, 延原 理恵ほか

    教科書・概説・概論,共著,人文・社会 / 家政学、生活科学

  • 日本語,私たちの住居学-サスティナブル社会の住まいと暮らし- 13章「高齢者と住まい」 14章「エクステリアデザイン」,理工学社,2006年10月,延原 理恵

    その他,その他,その他 / その他

  • 日本語,私たちの生活科学 13章「暮らしと高齢者」,理工学社,2003年04月,延原 理恵

    その他,その他,その他 / その他

  • 日本語,ライブラリー生活の科学②人と環境 4章「私たちを取り巻く環境の現状」,コロナ社,2002年09月,延原 理恵

    その他,その他,その他 / その他

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 日本語,住まい・まちづくりに関する経験・知識・行動・意識の研究 その1 Webアンケート調査の概要と住経験の世代差,日本建築学会,2022年度日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集、建築社会システム (頁 21 ~ 22) ,2022年09月,延原 理恵,田中 勝, 川田 菜穂子,碓田 智子

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議),共著,社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画

    担当区分:筆頭著者, 責任著者

  • 日本語,住まい・まちづくりに関する経験・知識・行動・意識の研究 その2 住まい・まちづくり意識の世代間比較,日本建築学会,2022年度日本建築学会大会(北海道)学術講演梗概集、建築社会システム (頁 23 ~ 24) ,2022年09月,田中 勝, 延原 理恵, 川田 菜穂子, 碓田 智子

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議),単著,社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画

    担当区分:責任著者

  • 日本語,高校生の住居における防災対策実施と防災意識構造に関する分析,日本建築学会近畿支部,日本建築学会近畿支部研究報告集 <計画系>60号 (頁 133 ~ 136) ,2020年05月,宮崎 千紗,生田 英輔,延原 理恵

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議),共著,社会基盤(土木・建築・防災) / 建築計画、都市計画,人文・社会 / 家政学、生活科学,人文・社会 / 教育学

  • 日本語,環境バリアフリーに関する研究の動向 -日本建築学会論文集及び日本建築学会技術報告集の分析を通して-,日本建築学会, 日本建築学会大会学術講演梗概集(北陸)2019 (頁 1111 ~ 1114) ,2019年09月,延原 理恵,宮本 雅子,岩田 三千子

    研究発表ペーパー・要旨(全国大会,その他学術会議),共著,社会基盤(土木・建築・防災) / 建築環境、建築設備

    担当区分:筆頭著者

  • 日本語,日本型メンターシステムの構築と活用に向けた基礎的研究,京都教育大学・村上忠幸(代表),平成26年度京都教育大学教育改革・改善プロジェクト報告書,2015年03月,村上 忠幸; 伊藤崇達; 佐藤克敏; 延原理恵; 平井恭子

    未設定,共著

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 学校教育における住教育支援のための教育教材の開発

  • 「京に住まう心を育てる住教育支援のためのプログラム開発」に関する研究

 

講演等(本学主催事業) 【 表示 / 非表示

  • 教員免許状更新講習【反転研修】「家庭科の深い学びを考える-季節を楽しむ住まい方を例に-」:180分,2019年08月

    指定したWeb講義動画の内容を基に、季節の変化に合わせて自然と対話する住まい方について理解を深め、アクティブ・ラーニングへの転換についてディスカッションし、家庭科の深い学びの実現に迫る学習指導のあり方について考える。

  • 教員免許状更新講習【双方向】「住生活分野の実習-安全な住まいの学習を中心にー」:360分,2018年09月

    住生活分野を中心に簡単な実習を交えながら、安全・安心な暮らし方について考えていった。具体的には「家庭内事故の実態と防ぎ方」、「家庭防災会議の議題を考えよう」をテーマに取り上げた。なお、本講習は大阪教育大学との二大学間連携講習で、最終時限に大阪教育大学開設の同テーマの講習会場と双方向遠隔授業システムで結び、ディスカッション・合同発表会を行った。

  • 平成29年度京都教育大学公開講演会,2018年01月

    シリーズ『震災と向き合う-もし伏見に地震が起こったから・・・』第2回 災害に強いまち伏見をつくる

  • シリーズ環境を考える-自然とともに生きる-「自然と対話する住まいと暮らし~風との対話を楽しむ~」,2017年07月

    【開催地】京都教育大学環境教育実践センター【対象】一般市民

  • 家づくりこどもスクール,2015年08月

    小学3・4年生を対象に、小さな家づくりをとおして、場づくりやものづくり、自然と暮らしのかかわりを知り、心地よい住まい・まち・環境づくりで大切なことを感じ取るワークショップ形式の講座。3時間×3回

全件表示 >>

講演等(本学以外の主催事業) 【 表示 / 非表示

  • すまいるネット20周年記念シンポジウム,2020年10月

    神戸市すまいとまちの安心支援センター「すまいるネット」20周年記念シンポジウムにて、京安心すまいセンターとの連携による「住教育支援」について講演

  • 中播磨地区 中学校 技術・家庭科研究会,2014年10月

    【演題】地域社会のつながりと住まい力から生きる力を考える【主催者】兵庫県中播磨地区中学校教育研究会 技術・家庭科部会【開催地】姫路市立飾磨東中学校【対象】教員

  • 京都府立高等学校家庭科研究会春季研修会,2010年04月

    【演題】ゲーミング・シミュレーション型授業の可能性を探ろう-自分の住むまちはこうあってほしいという想いをカタチに-【主催者】京都府立高等学校家庭科研究会【開催地】ウィングス京都【対象】教員

  • 地場産業新展開ものづくりプロジェクト,2008年03月

    【演題】高齢者の家庭内事故の現状と対策について【主催者】岐阜県情報技術研究所【開催地】岐阜県情報技術研究所【対象】技術者

公的団体委員 【 表示 / 非表示

  • 京都教育大学生活協同組合,理事,2019年05月 ~ 2020年06月

  • 茨木市建設事業評価委員会,委員,2018年03月 ~ 2020年03月

  • 大阪市消防局/大阪市立阿倍野防災センター指定管理予定者選定委員会,委員,2019年04月 ~ 2019年12月

  • 東大阪市教育委員会/東大阪市立小学校空調設備整備事業者選定委員会,委員,2018年04月 ~ 2018年12月

  • 国土交通省近畿地方整備局/大阪第6地方合同庁舎(仮称)整備等事業有識者委員会,委員,2016年07月 ~ 2018年03月

全件表示 >>

マスメディアへの発信 【 表示 / 非表示

  • チャレンジ家庭科クイズ「電気復旧後、火の気なくても起きる火災は?」

    新聞・雑誌, 京都新聞, 2014年01月11日

  • チャレンジ家庭科クイズ「まちで見かけるマークの意味は?」

    新聞・雑誌, 京都新聞, 2013年08月10日

国際交流(協力)事業への参加 【 表示 / 非表示

  • 平成27年度韓国春川教育大学校短期学生交流研修プログラム,大韓民国,京都教育大学・春川教育大学校,2015年08月

    引率

 

学内委員会・プロジェクト等 【 表示 / 非表示

  • 環境教育実践センター兼任教員,2021年04月 ~ 2023年03月

  • 大学評価室室員,2019年04月 ~ 継続中

  • 競争参加資格等審査委員,2011年04月 ~ 2023年03月

  • 建設コンサルタント選定委員,2011年04月 ~ 2022年03月

  • 入学試験連絡会議委員,2021年04月 ~ 2022年03月

全件表示 >>