基本情報

写真a

小山 宏之

KOYAMA Hiroyuki


職名

准教授

研究室住所

〒612-8522 京都府京都市伏見区深草藤森町1

研究分野・キーワード

スポーツバイオメカニクス

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学  人間総合科学研究科

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(体育科学)

学内職務経歴 【 表示 / 非表示

  • 京都教育大学 体育学科,准教授

  • 京都教育大学 体育学科,講師

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

 

作成した教科書・教材・参考書 【 表示 / 非表示

  • 2013年03月

    生活科・総合的学習の理論と実践 -体験から学びへ「京からの発信」- 京都教育大学教育支援センター 「生活科・総合的学習」研究会編 において第Ⅲ章「生活科・総合的学習」の実践活動に役立つコラム,体育的活動と総合的学習のコラボレーションを担当し,執筆した.

その他教育活動及び特記事項 【 表示 / 非表示

  • 京都教育大学陸上競技部顧問 ,2015年04月 ~ 継続中

 

研究課題 【 表示 / 非表示

  • 標準動作モデルを用いた体育教材の研究

  • 陸上競技の競技力向上のためのバイオメカニクス的研究

  • 動作の変動性とスポーツパフォーマンス

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本トレーニング科学会

  • 日本バイオメカニクス学会

  • 日本体育学会

  • 日本陸上競技学会

  • 日本コーチング学会

論文 【 表示 / 非表示

  • 競技レベルが異なる男子ジュニア走幅跳競技者の踏切動作の特徴,陸上競技学会誌,15巻 (頁 9 ~ 17) ,日本陸上競技学会,2017年03月,柴田篤志,清水悠,小山宏之

    共著

  • 高校トップレベルの男子棒高跳選手における跳躍動作の特徴,陸上競技研究紀要,12巻 (頁 4 ~ 10) ,日本陸上競技連盟,2017年03月,柴田篤志,小山宏之 他

    共著

  • 棒高跳の跳躍動作における女子世界トップレベル選手の特徴: 同記録の男子選手と比較して,体育学研究,61巻 2号 (頁 651 ~ 652) ,日本体育学会,2016年12月,有川 星女,遠藤 俊典,塚田 卓巳,豊嶋 陵司,小山 宏之,田内 健二

    単著

  • 「はだし」が児童の疾走動作に及ぼす影響:接地様式に着目して,発育発達研究73号 (頁 13 ~ 19) ,日本発育発達学会,2016年11月,水島淳、小山宏之,大山卞圭悟

    共著

  • 女子ナショナルチーム・4×100mリレーのバイオメカニクスサポート研究報告(第5報),陸上競技研究紀要 ,11巻 (頁 150 ~ 154) ,日本陸上競技連盟,2016年03月,広川龍太郎,小山宏之他

    共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 教育実習から教員採用・初任期までに知っておくべきこと 部活動指導,教育出版,2016年03月,小山宏之

    単行本(学術書),共著

  • 『生活科・総合的学習の理論と実践-体験から学びへ「京からの発信」-』 第3章-6 体育的活動と総合的学習のコラボレーション,東京教学社,2013年03月,小山宏之

    単行本(学術書),共著

  • 『スポーツ技術のバイオメカニクス』 第16章 陸上競技(跳躍種目),ブックハウスHD,2011年11月,小山宏之

    単行本(学術書),共訳

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • アスリートパフォーマンス及び技術に関する調査研究データブック 2016年度版,アスリートパフォーマンス及び技術に関する調査研究データブック 2016年度版,2017年03月,小山宏之他

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要),共著

  • 2016 U20世界選手権における男女三段跳の分析,陸上競技研究紀要,12巻 (頁 138 ~ 145) ,2017年03月,小山宏之,柴田篤志 他

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • アスリートパフォーマンス及び技術に関する調査研究データブック,アスリートパフォーマンス及び技術に関する調査研究データブック,2016年03月,小山宏之他

    速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要),共著

  • 2015和歌山インターハイ バイオメカニクスリポート 女子走幅跳,ベースボールマガジン社,陸上競技マガジン,65巻 19号 (頁 152 ~ ) ,2015年11月,柴田 篤志,小山宏之

    総説・解説(商業誌),共著

  • 2015和歌山インターハイ バイオメカニクスリポート 男子走幅跳,ベースボールマガジン社,陸上競技マガジン,65巻 18号 (頁 138 ~ ) ,2015年10月,柴田 篤志,小山宏之

    総説・解説(商業誌),共著

全件表示 >>

受賞 【 表示 / 非表示

  • 京都滋賀体育学会第145回大会 若手奨励賞,2016年03月13日,日本国,京都滋賀体育学会

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第27会 関西臨床スポーツ医・科学研究会,国内会議,2017年06月,大阪リバーサイドホテル,男子やり投げ選手の右肘内側痛の有無と投擲動作の相違 ~同一試合における同一選手での比較から~,口頭(一般)

  • 京都滋賀体育学会第146回大会,国内会議,2017年03月,龍谷大学,多様な設定条件のハードル走におけるハードリング動作への影響-小学校 6 年生を対 象にした新たな指導法の提案-,口頭(一般)

  • 京都滋賀体育学会第146回大会,国内会議,2017年03月,龍谷大学,小学生の発達段階に応じた疾走能力を決定する要因の検証-発達段階に応じた学習課 題の検討-,口頭(一般)

  • 第21回JAAFコーチング・クリニック(ジャンプカンファレンス),国内会議,2017年01月,味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC),男子三段跳の国際大会入賞に向けた基礎的目標値 ~17m台に必要となる各歩の跳躍距離と,助走スピードとは?~,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 日本陸上競技学会第15回大会,国内会議,2016年12月,環太平洋大学,男子三段跳において世界大会入賞を目指した基礎的目標値の提案 ~17m台に必要となる各歩の跳躍距離と助走スピード,ポスター(一般)

全件表示 >>

 

講演等(本学主催事業) 【 表示 / 非表示

  • 大学教員による,高校生のための専門講座体験,2013年02月

    【演題】スポーツバイオメカニクス入門【開催地】京都教育大学【対象】学生

講演等(本学以外の主催事業) 【 表示 / 非表示

  • JAAF公認コーチ講習会 陸上競技の最新科学,2016年12月

    日本陸上競技連盟公認コーチを取得する指導者に対する講習会

  • 京都府教育委員会 平成28年度 第1回体力・運動能力向上検討会議,2016年08月

    上記検討会議において,「全国体力・運動能力,運動習慣等調査
    からみる体力の現状」の内容で講演を行った

  • 京田辺市立薪小学校 校内研修会,2016年02月

    京都府小学校体育科研究会研究協力校である薪小学校において,「京の子ども元気なからだスタンダード」に関わる講演を実施

  • 第2回U19オリンピック育成競技者研修合宿における講演,2016年01月

    陸上競技のオリンピック育成競技者に対する科学的データの講演

  • JAAF公認コーチ講習会 陸上競技の最新科学,2015年12月

    日本陸上競技連盟公認コーチを取得する指導者に対する講習会

全件表示 >>

公的団体委員 【 表示 / 非表示

  • 日本オリンピック委員会,強化スタッフ(コーチングスタッフ),2016年04月 ~ 継続中

  • 日本陸上競技連盟 科学委員会,科学委員,2015年06月 ~ 継続中

  • 日本陸上競技連盟 強化委員会,強化委員・科学スタッフ,2015年06月 ~ 継続中

  • 京都府教育委員会 体力向上推進プロジェクト検討委員会,委員,2015年06月 ~ 2016年03月

  • 京都府教育委員会 / 子どもの体力向上検討会議,委員(座長),2013年06月 ~ 2014年03月

全件表示 >>

マスメディアへの発信 【 表示 / 非表示

  • テレビ・ラジオ, ミライモンスター, 2015年09月06日

    日本女子走幅跳選手である甲斐好美選手の跳躍に関する情報提供

  • テレビ・ラジオ, アスリートの魂, 2014年11月13日

    日本男子棒高跳選手の山本聖途選手の跳躍動作の解説

 

学内委員会・プロジェクト等 【 表示 / 非表示

  • 実地教育運営委員会,2015年04月 ~ 2017年03月

  • 京都教育大学学校運動部活動指導者育成事業運営委員会,2012年04月 ~ 継続中

  • 入学試験連絡会議委員,2012年04月 ~ 継続中